仙台街並み写真HPへ

2000年12月4日 JR岩切駅前
JR東北本線岩切駅

JR岩切駅は、仙台駅から東北本線下り電車で2つ目の駅で、ここ
からは東北本線旧ルートの一部である利府への支線が分岐して
います。

岩切駅前地区では現在、駅北東側と西側で土地区画整理が行わ
れていて、他にも岩切駅から利府の新興住宅地へ至る都市計画
道路・岩切駅前線、泉中央側と塩釜を結ぶ東西幹線道路である
都市計画道路・岩切根白石線、玉川岩切線の工事が進められて
います。

近年人口が急増している利府町の入口に位置する岩切駅は、以
前から利府や周辺新興住宅地の拠点駅となることが期待されて
います。利府町には支線の利府駅があって、現在はここを起点に
バスが発着していますが、支線は単線で電車運行本数は毎時1−
2本、日中は岩切で東北本線に乗り換えとなっています。そのため
電車運行本数毎時3本の岩切からバスが発着した方が便利になり
ます。

利府町菅谷のグランディ・21(宮城県総合運動公園)内に今年
完成した宮城スタジアムでは、2001年にみやぎ国体、2002年に
ワールドカップサッカーが開催されることになっていて、それにあわ
せて周辺では道路整備が行われています。

宮城スタジアムでは今年、6月にキリンカップサッカー、8月にオー
ルスターサッカーが開催されました。キリンカップサッカーの時には
公共交通手段として、仙台と多賀城駅からのシャトルバス、利府と
岩切駅からの徒歩という手段が案内されていました。しかし、仙台
駅発シャトルバスは往復で2400円という山形行き高速バスよりも
高い料金、岩切駅からの徒歩は1時間という遠い距離で大変評判
のよくないものでした。その後のオールスターサッカーの時にはシャ
トルバス料金の値下げや発着地を増やすなど多少改善しています。
ただ、岩切駅はバスが発着するスペースが無く、最寄り駅としての
役割を外されています。

岩切駅から東北本線下り方面、多賀城跡、東北歴史博物館そばに
現在、多賀城政庁駅(仮称)が建設されています。新駅はみやぎ
国体会場へのバス乗り継ぎ駅として位置づけられ、10月の秋季
大会にまにあうように2001年9月を開業目標としています。

岩切駅前地区は都市計画道路の整備が進んでいますが、2001年
みやぎ国体、2002年ワールドカップサッカーまでに開通するので
しょうか。
土地区画整理が行われていますが、田んぼだったところだけを事業
区域として、街道沿いなど既存の住宅街を避けています。
現在行われている開発は住宅地を広げるだけのもので、地域拠点
としての街づくりがされていません。
みやぎ国体開催時には会場の最寄り駅として利用してもらい、利府
の玄関口であることを印象づけて岩切駅前地区の拠点性を高めた
いところですが、地区の可能性が理解されていないのか、せっかく
のチャンスを逃しそうになっています。

泉中央から塩釜への道路、都心から利府への道路の2つの幹線
道路が交差し、幹線鉄道の駅がある、県民の森が背後あり七北田
川が街の中を流れる岩切は、住宅地として拠点商業地として可能性
があります。これから先の岩切に期待したいです。

JR東北本線岩切駅

JR岩切駅は、仙台駅からの所要時間10分、料金190円、昼間の
電車運行数3本という駅です。
仙台市営地下鉄の初乗りが200円ですから、田んぼが広がる岩切
に190円で、それも10分で来られることはちょっとお得に感じます。

岩切の駅舎は、リビングに据え付けられたシステム家具のように
自動販売機や案内板が並べられ、シンプルな外観の駅舎建物に
調和させています。

JR岩切駅・駅舎東隣り、民間駐輪場

駅西側に市営の駐輪場がありますが、民間駐輪場にも自転車が
沢山とめられています。自転車をとめる人は何を基準に選択して
いるのでしょうか。

塩釜街道(主要地方道泉塩釜線)沿いの岩切駅前バス停留所

岩切駅そばの塩釜街道には、仙台市営、宮城交通、利府町民の
バス停留所があります。
市営バスは岩切駅前始発で、岩切の今市を経由して県庁市役所
前へ行くバスが平日毎時2本走っています。
宮城交通は、泉や塩釜方向へ、数少ないバスが走っています。
利府町民バスは、平日で1日6本のバスが利府町の住宅地へ走っ
ています。


仙台街並み写真HPへ
JR東北本線岩切駅 
岩切駅前周辺 岩切駅西側地区・鳥居前バス停そばの堤防
塩釜街道・利府街道交差付近 岩切郵便局前の交差点
都市計画道路・岩切駅前線 利府町境付近

仙台街並み写真HPへ