仙台街並み写真HPへ

2000年3月 青葉区荒巻本沢2丁目 本沢2丁目バス停から北方向
荒巻セントラルプラザ・ハイネス荒巻(白い建物)の田んぼの残る西裏側
         都市計画道路北四番丁大衡線予定地付近

 

都市計画道路北四番丁大衡線(県道大衡仙台線)は、仙台の都心と泉区の北側、
大和町(たいわちょう)、富谷町の新興住宅地域を結び大衡村へ至る、県道仙台泉線・
国道4号線と並ぶ二大幹線道路として整備が進んでいます。

現在、完成している区間は、青葉区水の森3丁目交差点から泉パークタウン工業団地・
明通3丁目の区間と青葉区木町、大和町もみじが丘の短い区間が完成しています。
起点の東北大学病院付近は今、工事が進んでいます。

北四番丁大衡線の特徴は、宮城県図書館、県立宮城大学、宮城学院女子大学が道路に
接していること、新興住宅地の中を通過する区間(桜ヶ丘、泉パークタウン)が多いこと、
住宅地の谷間や堀割の区間が多いこと、北山の輪王寺の境内を通過する事です。
沿道は商業地として使える土地が少なく、今までの一般的な幹線道路のようにロードサ
イドショップが建ち並ぶ、雑然とした街並みにはならないことが考えられます。

北四番丁大衡線の仙台市内の区間は、地下鉄南北線の駅に近いようで少し遠いという
距離にあります。
現在泉区内の住宅地や各高校、大学、宮城県図書館へは、地下鉄からバスへの
乗り換えが一般的です。
北四番丁大衡線は全線開通すると、渋滞することが予想されます。
バス専用レーンや地下鉄並の運行間隔、バス停留所の防寒設備、駐輪場等がある
幹線バスの導入が、渋滞回避のために必要になってくると考えられます。

都市計画道路北四番丁大衡線は、歩道が広く街路樹が多く植樹されている、きれいな
道路です。これからもきれいな道路として発展していってほしいです。


                            2000年3月20日  三 河 恵 介


仙台街並み写真HPへ
00.3 田んぼ、北四番丁大衡線概要
荒巻セントラルプラザ バス通り、セントラルプラザ付近 滝道入口バス停留所付近
荒巻本沢郵便局付近 荒巻消防出張所付近

仙台街並み写真HPへ