仙台街並み写真HPへ

2000年7月24日 南東側、北四番丁大衡線脇緩衝緑地帯から
泉区紫山1丁目 パークタウン中央

「宮城県図書館」

宮城県図書館は1998年3月、宮城野区榴ヶ岡にあった県立図書館が泉区
紫山に移転、開館しました。
蔵書は旧図書館の3倍で150万冊、開架閲覧室は3階にあり、200メートルもの
長い空間で、内部の造りは外観と同じく銀色の筒状になっています。

開架閲覧室と同じ3階の一角にある休憩室は、林越しに泉区の街並みと都心の
高層ビル群が一望できます。
缶ジュースを飲みながら見る景色は、なかなか良いものです。

宮城県図書館は移転当時、元々都心に近いところにあったものが、地下鉄・バス
を乗り継いでしか行けない場所に移転するということで、利用しづらくなるという話
がありました。
現在は、仙台市の図書館が各区に設置され、都心にも青葉区春日町の定禅寺通
沿いに2001年1月、せんだいメディアテーク内に青葉区図書館が開館する予定
で、図書館の利用は以前よりも便利になっています。
宮城県図書館の利用状況は、平日の昼間でも人がいっぱいで、駐車場は300台
分用意されているにもかかわらず、満車に近い状態になっています。

宮城県図書館の西側には、仙台白百合学園の幼稚園、小・中・高校が、北側には
県立宮城大学が隣接してあり、パークタウン中央の紫山側は文教地区を形成して
います。
図書館と宮城大学の間は山になっていて、山道で行き来ができるようになって
います。ただ、本当に山の中のけものみちですので、雨の日や夜間は通れま
せんし靴も汚れます。案内板が不完全で、道は必ず迷います。
もちろん、迂回すれば普通の道でも行き来できます。

泉パークタウンの概要
ベーカリーカフェ「キャスロン」
仙台ロイヤルパークホテル
南側の池から図書館

仙台街並み写真HPへ