仙台街並み写真HPへ
 
2000年7月24日 泉パークタウン中央地区
 

泉パークタウンは1971年、第1期開発(第3住区)である高森1,2,3,4丁目地区
から、分譲が始まりました。
パークタウンの計画概要は、面積が民間開発では最大規模の約1070ヘクタール、
人口5万人で、最先端工業団地やゴルフ場、大規模商業地区、大学等がある、
1つの完結した都市を造るというものです。

現在の計画進展状況は、パークタウン寺岡の西側、根白石地区に計画されている
第6住区の開発が残っていますが、大体のものは整備が完了しています。
これからできるものとしては、マンション用地がまだまだありますので、これからマン
ションが多く建てられることが予想されますし、パークタウン中央(タウンセンター)
地区に大型の商業施設ができることが考えられます。

パークタウンは、仙台の新興住宅地の中ではイメージのよさがトップクラスであると
共に、仙台の住宅地といえば「パークタウン」という位の、仙台を代表する
住宅地です。

パークタウンには、各住区ごとに大きな池のある緑地・公園があり、家の近くに良い
空間があるという贅沢さがあります。他にも、スーパーや幼稚園、小・中学校が各
必要範囲内に設置されていて、一般の住宅地のような利便性のむらはありません。

しかし、きれいな町であることでの犠牲もあります。たとえば、店舗の出店が規制
されているので、コンビニエンスストアや商店が極端に少ないこと、アパートが建て
られないので、単身赴任の人や学生が住めないということがあります。

家の敷地には、道路に面した部分に低木が植えてある植栽帯があります。この植栽
帯の維持のために組合が結成され、月額2000円位の管理費が所有者から支払わ
れています。
イメージの良い住宅地は、経費がかかっていますし、がまんも多少必要のようです。

 
 
紫山1丁目
商業街区、紫山プラザ内
ベーカリーカフェ
「キャスロン」

去年開店した、オープン
エア型のカフェです。
緑地に隣接した、パーク
タウンらしいお店です。
撮影した日は気温が30
度を超える暑さだった
為、窓が閉め切られてい
て、外の庭に人はいませ
んでした。


仙台ロイヤルパークホテル
宮城県図書館
南側の池から図書館

 
仙台街並み写真HPへ