仙台街並み写真HPへ

長町駅東、郡山1/2丁目
2001年3月28日・機関区跡

太白区長町5/6丁目
長町駅地下道

サンマリストア郡山店前
太白区長町6丁目1番地
JR貨物長町機関区跡

JR長町駅東側の、旧国鉄貨物操車場、機関区跡地や工場、住宅地区では現在、仙台の南の副都心として整備するために、都市基盤整備公団事業主体で「長町副都心土地区画整理事業」が施行されています。
長町副都心土地区画整理事業は、面積が91.5ヘクタールで居住人口7500人、従業人口33000人、事業費が約1286億円という計画になっています。ただし、今後は地価下落などにより計画が見直されるようです。

ここからは、提案として副都心開発について書きたいと思います。

最初は高架化されるJR長町駅についてです。高齢化社会になるということや車椅子利用者のためということもありエレベーターを設置した駅が多くなっていますが、誰だって階段を上り下りするのは大変ですし、高齢化が進むとエレベーターは高齢者でいっぱいになってしまいますので上り下り両方のエスカレーターを設置する必要があります。
今後公共交通利用を促進するためには、自家用車よりも楽に移動できる環境にしなくてはいけませんが、そのためにはバスターミナルと地下鉄、JRの乗り換え距離は1歩でも少なくする事が必要です。
たとえば駅の改札口や乗り換え動線には駅前広場を造らないで、動線の横や人工地盤上に分離してつくるのが良いでしょう。

都市計画道路長町副都心大通り線は開発地区中央を南北に貫くシンボルロードです。
大通りの北側区間は50メートルの幅員がありますが、開発規模からみると大きすぎるように感じます。バス専用レーンを確保する事は重要ですが、車線を増やせば車が多く入ってくるので渋滞の緩和にはあまりなりません。歩道を広くしたいということであれば、商業ビルやマンションの公開空地を使えば快適な広さが得られるでしょう。

商業地区では、立派な建築のショッピングセンターを建てると最初は良いのですが、年数が経つと時代の変化に対応できなくなります。
開発地の建物は、開発時にいっせいに建てられるため建築年代が同じになり、街全体が同時に古くなってしまいます。
1999年に東京の臨海副都心にオープンした商業・アミューズメント複合施設「パレットタウン」は副都心を代表する人気スポットですが、元々は副都心地区に残る広大な未利用地を有効利用するため、10年という期間限定で貸し出された土地につくられたものです。
2000年にできた仙台駅東口のライブホール「ゼップセンダイ」も、本格開発までの期間限定施設となっています。
元々は土地の有効利用を目的とした期間限定施設の人気がある理由は、建物よりもそこで何をするか(中身、ソフト)を重視していること、将来の商業環境変化を考えることなく大胆な施設をつくっていること、建築が低コストなのでソフトにお金をかけていることが考えられます。
土地を期間限定で貸し、商業施設を入れ替えることによって、商業地区は時代に合わせて変化し、副都心地区の魅力を維持することができます。
そのためには、商業形態に合わせて設計、改装がしにくいマンションやオフィスビル複合型にはしないほうがよいでしょう。
長町の既存の商店街は、副都心開発の中での位置付けを明確にしておかないと駅東地区とザ・モールに挟まれて埋もれてしまいます。今のうちにお店1件1件でこれからの方向性を検討する必要があります。

住宅街区は、かたよった人口構成をふせぐ意味から新しい住人が出入りする、いろいろな形の賃貸のマンションが必要です。介護が効率的に行え、ふだんの生活も便利な都心での高齢者同居の家族向け賃貸マンションも考えられます。

公園は、審査を通った一般の人が1ヶ月に1度描くウォールアートや、スケートボードができる広場、お年寄りの散歩コースとしてお茶飲み部屋のあるコミュニティーセンター付きの公園などがあるとたのしいと思います。

最後に。立派な街を造っても、商業者にとっては商売はしやすいか、採算はとれるか、住む人にとっては、環境はよいか、便利か、地区外から副都心に来る人にとっては、楽しい場所があるか、気分は良くなるか、ということが重要なのであって、巨大なビル街や道路を造っても仙台の都心や新宿新都心よりも大きいわけではないので、長町新都心に住みたい、行きたいという魅力にはあまりならないのではないでしょうか。それよりも商業地として楽しく、住宅地として快適であれば、立派なビル群、道路を造るよりも自慢できる街になるでしょう。

仙台市HP・長町副都心へのリンク

サンマリストア郡山店前
太白区長町6丁目1番地
JR貨物長町機関区、東北本線貨物線跡地

現在整地作業が行われている長町機関区入口の踏切には、作業
関係の人のものか、車がとめられています。


仙台街並み写真HPへ
99年7月27日の操車場跡地、機関区 99年7月31日の機関区、貨物線
2001年3月28日・機関区跡
東北ゴム工場付近 〆木保育所前交差点・北西方向の通り
1丁目マンション街南側 1/2丁目・地下道からの東西通り付近
サンマリストア前 上り貨物線沿い道路・2丁目パチンコ店前

仙台街並み写真HPへ