仙台街並み写真HPへ

2001年1月31日 北四番丁大衡線・木町通
北四番丁・木町通交差点

北四番丁・木町通交差点から
都市計画道路・北四番丁大衡線、木町通

現在、大学病院前の北四番丁・木町通交差点から北の木町通では、
仙台の北、大衡村へ行く都市計画道路・北四番丁大衡線の建設工
事が行われています。

北四番丁・木町通交差点は、北四番丁大衡線の都心側起終点となり
ますが、仙台駅や勾当台地区へ行くには北四番丁の通りへ曲がり、
さらに愛宕上杉通、勾当台通、晩翠通、西公園通へ曲がらないと行
けないので、道路が完成したときに交差点は大渋滞になることが予
想されます。
大学病院の敷地を利用して西公園通と直線で結ぶことや、交差点に
アンダーパスを造るなどして車の流れをスムーズにすること、又は
逆に北四番丁大衡線の都心区間の一般車通行を制限して、幹線バ
スを走らせる為の道として利用することが必要です。

北四番丁・木町通交差点北西角
青葉区星陵町1番地
東北大学医学部付属病院の門(旧正門)

旧正門のそばには、由来が書いてある碑があります。

「東北大学医学部付属病院の前身である県立宮城病院が明治四十
四年三月に竣工し煉瓦作りの門柱四基の並ぶ所が正面入り口で
あった
八十年にもならんとする星霜に耐え乍らも老朽化が避けられない 
貴重な歴史的建造物としてここに創建当時のままに復元された
この塩焼き煉瓦は建設当時の現物である

平成二年三月 東北大学艮陵同窓会」

旧正門を復元するときにはこの場所が都市計画道路用地になる事
は分かっていたはずですが、なぜここに復元したのでしょう。

北四番丁・木町通交差点北西角
東北大学医学部付属病院の門の内側

今冬の降雪はものすごく、病院敷地内の積み上げられた雪の山も、
子供が登山したくなるぐらいの高さになっています。


仙台街並み写真HPへ
北四番丁・木町通交差点 
木町通・大学病院前バス停付近
大学病院の北東側 北八番丁交差点付近 木町バス停留所付近

仙台街並み写真HPへ