仙台街並み写真HPへ

2001年1月1日 大崎八幡宮
青葉区八幡4丁目6番地
大崎八幡宮社殿、裏参道

西側裏参道から
大崎八幡宮社殿

大崎八幡宮の本殿・石の間・拝殿で構成される社殿は、仙台城開府
の際、慶長12年(1607)に伊達政宗が当代随一の工匠を中央から
招いて造営しました。
社殿の建物は華やかに彩色された権現造りで、現存する中で一番
古いものとなっています。昭和27年(1952)には国宝に指定されて
います。

近年は建物が傾き、彩色が浮いたり剥がれたりしていました。
将来もこのすばらしい建築を当時の形で残すため、2003年度まで
一度建物を解体して破損部分を修復した後、組み立て直すという工
事が行われる予定になっています。
現在は工事が進められていて、社殿は覆いの中に隠れています。

大崎八幡宮の公式HP

社殿西側の裏参道

国見の住宅地と社殿を結ぶ、林の中の裏参道です。
これからお参りするためのお賽銭か、お守りを買うためか、お金を
用意している人や、ビデオカメラで正月風景を撮っている人がいます。
人それぞれのお正月があることを、写真を撮っている自分の事も
含めて感じます。


仙台街並み写真HPへ
国道48号線、天賞酒造前 国道48号線・八幡宮東側付近
大崎八幡宮、大鳥居・石段 仮殿、参道 大崎八幡宮社殿、裏参道

仙台街並み写真HPへ