仙台街並み写真HPへ

2001年2月14日 荒井地区・県道荒浜原町線旧道
十文字

若林区荒井字高屋敷、堀口
十文字

十文字の交差点は、写真右側七郷小学校・荒浜への道、左側の
七郷の農協への道、写真反対側の若林区役所・荒町・仙台駅へ
の県道荒井荒町線、伊在・六丁の目・宮城野への県道荒浜原町
線という重要な幹線道路が合流分岐していました。

近年、荒井地区では土地区画整理事業が行われ、十文字の周囲
には碁盤の目に幹線道路や街区内道路がつくられ、斜めに通って
いた県道荒浜原町線や県道荒井荒町線、十文字の交差点は廃止
になりました。
今後、廃止された道は宅地の一部となり、跡形もなくなることになり
ます。

荒井の区画整理は、小規模開発によって無秩序な形で市街化した
地区内を、健全で良好な住宅地に再整備することを目的としていま
す。
区画整理の目的を考えれば、碁盤の目の道路整備というのは当然
の形なのかもしれませんが、歴史ある街の要を簡単に消し去って
しまうことは疑問に感じます。
廃止された県道や交差点は、狭い道幅で歩道が無いので、自動車
交通が中心の現代では道路の拡幅や都市計画道路の整備等が
必要だったのは確かです。
しかし、十文字の交差点位であれば、遊歩道や街区内道路、記念
公園、商業地区といった形で残すことが出来たのではと思います。

荒井地区の北側、産業道路には地下鉄東西線の建設が予定され、
開通したときには荒井地区は大きく変わることが予想されます。
歴史ある要が無くなった後の地区南部の十文字は、単なる「地下鉄
駅から一番遠い場所」になってしまうかもしれません。

都市計画道路十文字線から西方向
十文字の建築中の家

上の写真、交差点そばに建築中の家は十文字の交差点角に建てら
れているのではなく、新設の街区内道路に面した住宅街の中の家と
して建てられています。

十文字の道しるべ

仙台街並み写真HPへ
産業道路・六丁の目西町交差点 白山工業団地入口交差点付近
白山神社・県道旧道 六丁目荒井西線西側・県道旧道
旧荒井駐在所前・県道旧道 県道荒井荒町線・十文字のバス停跡
十文字 
蒲町荒井線・十文字通線の交差点

仙台街並み写真HPへ